サイトマップ
HOME > 遺言書を作成するメリットについて

遺言書を作成するメリットについて

テレビや映画などで、親族間で相続争いをしているシーンを目にしたことがあると思います。テレビですとあまり現実味がないかもしれませんが、実際にあのような争いごとは起きているのです。 相続争いを未然に防ぐ手段として、遺言書があります。では、遺言書を作成するメリットについて、さらに詳しく見ていきましょう。


遺産分割協議が不要になる

遺言書がなければ、遺産分割の協議は全ての相続人で行わなければなりません。実はこの遺産分割協議こそが遺産相続争いの火種となるのです。遺産の額が大きくなるにつれて、態度を急変させる方も決して少なくありません。千葉県は経済活動の活発な首都圏の影響を受け、故人が法人設立した企業経営者が多数おります。争いの火種となり得るものであり、何かと面倒な遺産分割協議ですが、遺言書で予め遺産分割を済ませておけば、その必要もなくなります。


相続人同士のトラブルの回避

これこそが、遺言書の一番のメリットといっても過言ではありません。先述の通り、遺言書で予め遺産分割を済ませておけば、遺産分割協議をする必要がなくなります。これによって、争いの種がなくなるので相続人同士のトラブルを事前に回避させることが出来ます。相続争いによって、裁判にまで発展する例も決して少なくありません。親族の仲を繋ぎとめるためにも、遺言書は必要なものなのです。行政書士は運送業許可、産廃業許可などの店舗営業許可申請等の生活サポートをさせていただくことができますが、それ以外の個人向け生活サポートでもお力になることができます。


法定相続人以外の贈与(遺贈)も可能になる

一般的には遺産の相続ができるのは、法定相続人(法によって定められた相続人)のみとなります。しかし、中には特別な事情で法定相続人以外の人物に遺したいという方もいらっしゃいます。その場合は、遺言書の作成を強くオススメいたします。なぜなら、遺言書に法定相続人以外の人の記載をしておけば、その人に財産を与えることが可能になるからです。 その他、行政書士は公正証書遺言書作成や証人としての立会いをさせていただくこともできます。



普段の生活で法律の知識が必要になる機会は少ないものですが、いざ必要になると不安なものだと思います。一般的に行政書士というと収集運搬業許可や風俗営業許可等の営業許可申請が主な業務と思われがちですが、遺言書作成等の相続に関するサポートも可能です。千葉県近隣でお困りの方はお気軽にご相談ください。