サイトマップ
HOME > 食品衛生法とは?

食品衛生法とは?

日本は世界でも有数のグルメ大国として知られています。海外からの和食に対する注目度の高さや東京オリンピック開催決定を機に、ビジネスチャンスと見据えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは飲食業開業許可を申請する上で必須知識となる食品衛生法についてご紹介いたします。


基礎知識

日本は食に対する視線が厳しい国の1つです。食品衛生法には様々な問題もありますが、食の安全を確保し健康の保護を図るために事業者による自主管理や経済活動について定められた法律、と言うことができます。 例えば、千葉県はミルフィーユが有名ですが、ミルフィーユができるまでには多くの人や企業が関わります。原材料である小麦粉や牛乳の生産農家、製造・販売する製菓事業者等、開業許可申請に関する規定やその管理のあり方などが食品衛生法で定められています。


許可申請

飲食業の開業許可を受けるためには様々な手順が必要となります。例えば千葉県船橋市で飲食業許可を受ける場合を例にとってみましょう。まず、起業することが決定した段階で施設が基準適合しているかどうかを保健所に相談することが必要になります。その後新規事業者向けの講習会参加や許可申請が必要です。 食の安全を目的としているとは言え、起業を目指す方の多くにとってはスケジュールを圧迫し起業準備が滞ってしまうというお悩みの原因にもなっています。そんな時に法人成りという形で行政書士がお役に立てます。


違反すると…

万が一食品衛生法の定める規定に違反してしまった場合は、どうなってしまうのでしょうか。 まず考えられるのが、万が一その食品が原因で病人や死に至ってしまうケースが出た場合、法人としての刑事責任が問われることになります。例えば食品衛生法の罰則規定で最も重いものは3年以下の懲役または300万円以下の罰金です。また、民事裁判で追及されることになる民事的な損害賠償義務もリスクとして見逃せません。 また、食品衛生法違反で企業が受けるダメージとして、各管轄自治体における違反者公表制度もあります。商品のブランド力や企業イメージの低下により派生するリスクも大きいのです。



食品衛生法に限らず飲食業許可に関しては他にも様々な関連法案があります。起業の準備をされる際は、関連法案のチェックも抜かりないようにしたいものです。ふなばし手続き代行センターでは千葉県内の飲食業許可申請や、風俗営業(1、2号)、深夜酒類提供飲食店の許可申請も承っています。飲食業や建設業等での起業をお考えでしたらお気軽にご相談ください。

ページトップ