サイトマップ
HOME > 建設工事の入札制度

建設工事の入札制度

建設工事を請け負う建設会社において、実績や技術も大事ですが、入札参加資格を得られるかどうかは企業として大きな部分ではないでしょうか。こちらでは入札に関する基礎知識をご紹介いたします。


入札制度とは?

そもそも入札制度は建設業における工事依頼者の発注方法の1つです。建設工事を営む企業にとっては入札参加資格を持っているかいないかで大きな違いがあります。 例えば千葉県内で県が管理する公園を新たに建設することになった際、担当自治体は県内の参加資格を持つ建設業者に入札参加を募ります。その公募を受けて参加資格を持つ千葉県内の業者が公園の規模や設計図等から価格等を提示、請負業者を指名するという制度です。民間でも入札制度が行われることがありますが、民間の競争入札が100%価格で決定されるのに対して、公共工事の場合は地域経済の活性化という観点から地元の業者を優先的に指名する場合もあります。


入札メリット

入札制度は建設工事発注においてポピュラーな方法ですが、メリットが多いというのが魅力となります。例えば、通常の民間競争入札だと純粋な価格勝負のため、合併にも積極的で多くの下請け業者や孫請け業者とパイプの太い大手企業がどうしても有利になります。しかし、公共工事の入札においては公正かつ適正価格において工事が行われることが第1目的となっています。そのため、価格で勝負することは難しい、けれども技術には自信があるという企業様にも発注依頼の可能性が大きいというメリットがあります。 他にも企業の営業活動にかかる時間、労力、コストを削減できるという点も大きな魅力の1つです。


受注までの流れ

それでは入札参加資格を得るためにはどうすれば良いのでしょうか。建設業許可申請をして、建設業としての営業許可を大臣または都道府県知事の許可を受ける必要があります。千葉県内であればふなばし手続き代行センターも行政書士がお手伝いできる範囲で建設業許可申請のお手伝いをさせていただくことができます。



建設業は業務上の変更届、工事用車両等の備品に関する権利譲渡といった細かい業務が必要になる業種です。法務サポートが必要な場合は経験豊富な、ふなばし手続き代行センターにぜひお声がけください。

ページトップ