サイトマップ
HOME > 個人事業主と法人の違い

個人事業主と法人の違い

起業・独立で事業主を目指す方も多いです。
起業と言えば、個人事業主と法人設立でどちらにするかお悩みの方も多いと思います。

こちらでは、個人と法人それぞれのメリットを比較してみたいと思います。


個人事業主のメリット

個人事業主の場合のメリットとして挙げられるのが、事務関連手続きがとても簡単であるということです。
事業を開始するために提出する書類が「個人事業の開業・廃業等届出書」の1つだけです。届出先も税務署に提出するのみです。
もし、千葉県で事業を始めるなら本店所在地を管轄する千葉県内の各市町村税務署に提出することになります。

また、利益がなければ税務が発生しない点や青色申告といった特典を受けられる点は企業経営を考える上で大きいのではないでしょうか。

企業にお勤めの方が副業として始めるのも決して不可能では無い点に大きなメリットがあります。


法人設立のメリット

法人企業を設立するメリットで最も大きなものは、活動資金が潤沢に用意しやすいという点です。
社会的信用度が高く、金融機関から融資を引き出す交渉を進めやすいという点は経営活動を行う上でのメリットとして欠かせません。

経営者や家族に無条件で給与支払いができる、経営者の生命保険料を会社の必要経費とすることができる点も魅力的です。

また、万が一のことがあっても個人を守ることができるので、倒産リスクから個人財産を守ることもできます。


結局どっちが良い?

個人と法人でどちらが良いのかということを考えた時の答えは、「事業規模や仕事の状況、今後の展開による」となります。
建設業を起業される方なら、建設業許可を受けるケースも出てくると思います。
建設業許可申請をして経営事項審査を受けるならやはり法人企業にメリットがあります。

しかし、法人企業立ち上げには費用や手続きが多くなりますので、まずは個人事業主から始めて事業が立ち行くかどうか様子見したいということであれば、個人企業の方が取り組みやすいでしょう。


起業・独立に挑戦される方におすすめなのが、企業や独立のプロフェッショナルに意見を聞くという方法です。

例えば、起業コンサルタントであれば、業種ごとに経営に関するアドバイスを仰ぐことができます。
また、行政書士も起業に関する法務のプロとしてお力添えできることがたくさんあります。

事前準備から定款作成、建設業許可・飲食業許可申請の取得方法等、起業までの流れをサポートさせていただくことが可能です。

千葉県内で起業・独立をお考えなら、ふなばし手続き代行センターにぜひお手伝いさせて下さい。


ページトップ