サイトマップ
HOME > 行政書士について

行政書士について

日常生活の中で、法律に関わることは中々少ないものです。しかし、相続手続きや離婚、会社設立などきちんと知識が無いと出来ないこと、損をしてしまうことは多くあります。こちらではそんな時に頼りになる行政書士についてご紹介します。


行政書士とは?

そもそも行政書士とは、行政書士法に基づく法務国家資格です。日常生活を送る上で、法律に基づいて役所に提出する書類は高度且つ煩雑になっています。例えば、法人設立しようと考えた時に法律で定められた提出書類はとても多く、提出先に関しても様々あります。ふなばし手続き代行センターは千葉県内の近隣エリアでお役に立てますが、提出先機関に関しても国・千葉県・保健所があります。そんな時に行政書士がお役に立てる法務のプロになります。


司法書士との違い

行政書士は良く司法書士と混同されます。業務の上で重なりあう部分もあるものの、それぞれに独占業務もあり、違いは明確です。最も大きな違いは、それぞれの扱う書類が行政管轄か司法管轄かの違いになります。
司法書士は裁判所等司法機関に提出する書類作成・提出が独占業務です。例えば、遺言書作成、相続業務に関して言うと、遺言書を公正証書にしたり公証役場での手続きをしたりすることは両者とも行うことができます。しかし、家庭裁判所に対する調停、審判申立書の作成・提出は司法書士しかできない独占業務です。


こんな時に行政書士が頼りになる

それでは、行政書士の独占業務とはなんでしょうか?例えば、会社設立を検討する際に法人設立・登記の他に届出が必要な特殊業種が存在します。建設業でしたら、建設業許可申請が必要ですし、リサイクルショップ経営でしたら古物商許可申請が必要です。他にも産廃業許可や風俗営業許可、収集運搬業許可といった許可申請も独占業務の1つです。自動車を購入した場合の名義登録、車庫証明や在留資格認定証明書交付申請等、外国人の方が日本に居住される際の手続きも行うことができます。

行政書士は身近な生活の中で関わることが少ない職業です。しかし、生活の中で「これはどうすれば良いんだろう?」と思った時に非常に頼りになる存在です。千葉県近隣エリアであれば、ふなばし手続き代行センターにぜひご相談ください。