サイトマップ
HOME > 建設業許可申請

建設業許可申請

個人事業、新規事業で、建設業をしたい(はじめたい)という場合、変更事項の発生、事業継承について手続きがわからない…等々
まずはご相談ください。必要条件などを調査のうえ、お見積もりを致します。
メールでの無料相談も実施しております。メール無料相談

建設業許可手続概要

建設業許可手続の概要をについて、以下のとおり記載いたしますが、
許可条件の詳細は事案により異なります。

建設業の許可

建設業の許可を営もうとするものは、下表に掲げる「軽微な建設工事」のみを請け負う場合を除き、建設業の許可を受けなければなりません。
建設業とは、元請・下請又は法人・個人を問わず建設工事の完成を請け負う営業をいいます。
 軽微な建設工事
 土木一式工事等
(建築一式工事以外)
 1件の請負代金が500万円未満の工事
 建築一式工事  次の(1)か(2)のいずれかに該当する工事
 (1)1件の請負代金が1500万円未満の工事
 (2)延べ面積150平方メートル未満の木造住宅工事

建設業の種類(業種)

建設業の許可は、下表の28業種に分かれており、各業種ごとに許可を受ける必要があります。
 土木工事業  建築工事業  大工工事業  建築一式工事
 とび・土工工事業  石工事業  屋根工事業  電気工事業
 管工事業  タイル・レンガ・
 ブロック工事業
 鋼構造物工事業  鉄筋工事業
 舗装工事業  しゅんせつ工事業  板金工事業  ガラス工事業
 塗装工事業  防水工事業  内装仕上工事業  機械器具設置工事業
 熱絶縁工事業  電気通信工事業  造園工事業  さく井工事業
 建具工事業  水道施設工事業  消防施設工事業  清掃施設工事業

知事許可と国土交通大臣許可

1.知事許可
 一つの都道府県内のみに営業所を置いて営業を行う場合は知事許可が必要です。
2.国土交通大臣許可
 二つ以上の都道府県内に営業所を置いて営業を行う場合は国土交通大臣許可が必要です。
※「営業所」とは、本店、支店、常時建設工事の請負契約を締結する事務所をいいます。
 単なる登記上の本店、事務連絡所、工事事務所、作業所などは営業所とは認められません。

特定建設業の許可と一般建設業の許可

1.特定建設業の許可
発注者から直接請け負った1件の建設工事につき、下請代金の合計額が3,000万円以上(建築工事業は4,500万円以上)となる下請契約を締結して施工する場合は、特定建設業の許可が必要です。
2.一般建設業の許可
特定建設業の許可を要しない工事のみを施工する場合は、一般建設業の許可が必要です。

許可を受けるための主な要件

許可を受けるための主な要件
※経営業務の管理責任者、専任技術者、国家資格者等は、
 既に許可を受けている他の業者に登録されていないことを確認の上、申請してください。

ページトップ